不妊検査・一般不妊治療費助成

[概要]

広島県では、不妊症の診断や治療のため医師が必要と認める不妊検査および一般不妊治療にかかる費用を助成しています。一般不妊治療とは、タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精などのことで、体外受精や顕微授精を除きます。

体外受精・顕微授精の費用助成については、「特定不妊治療費助成」をご覧ください。

[支給内容]

<助成金額>
医師が必要と認める一連の不妊検査および一般不妊治療のために支払った額の2分の1(上限5万円)
※医療保険適用の有無は問いません。

<助成期間>
不妊検査開始から2年以内

<助成回数>
一組の夫婦につき1回限り

[対象者]

次の要件を全て満たすご夫婦

  • 検査開始時に法的に婚姻している夫婦で、申請日に広島県内に住民票があること
  • 検査開始時点の妻の年齢が35歳未満であること
  • 夫婦のどちらかの検査開始日から概ね3か月以内にもう一方の検査を開始した場合
※夫婦が別の医療機関で検査した場合も助成対象となります。

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

次のいずれかに該当した日の翌日から2か月以内

  • 不妊検査、一般不妊治療にかかる自己負担額が10万円を超えたとき
  • 不妊検査、一般不妊治療を終了したとき
  • 不妊検査、一般不妊治療の開始日から2年を経過したとき
廿日市市内にお住まいの方の申請窓口およびお問い合わせ先は
<広島県西部保健所 保健課>
住所:廿日市市桜尾2丁目2-68
電話:0829-32-1181

[手続きなど詳しくは]

「広島県不妊検査・一般不妊治療費助成事業 〜不妊検査は夫婦そろって受けましょう!(広島県サイト)」をご覧ください。

広島県不妊検査・一般不妊治療費助成事業 〜不妊検査は夫婦そろって受けましょう!(広島県サイト)

子育て応援情報

「はついく」をシェアしよう
  • つぶやく